円満退職!退職交渉の伝え方のポイントとは?失敗すると辞められない?

退職代行の裏話

退職を目指すときには円満退職を実現できるように努力することが大切です。失敗すると辞められなくなってしまうケースもあるので退職の切り出し方から、交渉の進め方まで、よく理解した上で手続きを始めましょう。万が一、失敗してしまったときのリスクも考えて周到な計画を立て、プロに相談しながら進めていくことも念頭に置いておくのが大切です。

退職交渉とは

会社を退職するときには退職届を提出すれば良いよね、と単純に考えてしまう方もいますが、実際には退職するためには会社との関係を考慮しなければなりません。いつ退職するか、退職に向けて引き継ぎをどのようにして行うかといったことを考え、自分が退職したことによって業務に支障が生じないようにしなければならないのが原則です。

法律上では、退職届を提出してから2週間は働かなければならないと定めていて、その間に適切な引き継ぎを行うことが求められます。退職交渉は、この際にトラブルが発生してしまわないようにしつつ、円満退職を遂げるために行われる一連の交渉プロセスです。退職する意志を伝え、会社側の理解を得て退職するためには上司や人事部などと話をすり合わせる必要があります。企業としては優秀な人材ほど辞めさせたくないと考えるのが常なので、いかにして退職の意志を退けるかと画策することもあるでしょう。そのハードルを乗り越えて、双方の合意によって退職手続きを進められるようにすることが大切です。基本的には直属の上司に対して退職の意志表示を行い、上層部や人事部との相談をしてもらった上で業務の引き継ぎを後任者に行うという流れで退職手続きを進めていくことになります。そのため、直属の上司に納得してもらうことが退職交渉における最も重要なポイントになるのが一般的です。

やってはいけない退職交渉とは

退職交渉を円滑に進めて円満退職を達成するためにやってはいけないことがあります。基本的には自分の都合で上司にも会社にも迷惑をかけることになるので、相手の意向を完全に無視した退職は避けるのが原則です。退職日の直前になってから交渉を始めるのは交渉がうまくいかなくなる原因になります。法律上は2週間前に退職届を出せば退職できるから直前で良いと考えていると、上司ともめてしまって退職できずに苦労してしまいかねません。

また、退職日を最初からいつにするとはっきりと伝えてしまうのも失敗につながります。会社側は後任者を探さなければならず、外部から獲得するとなると人材採用に長期間がかかることもあるでしょう。それを見越して早めに退職意志を伝えておくのがマナーであると共に、円滑に退職を了承してもらうための基本となります。一方、退職理由は上司からも人事部からも聞かれることです。仕事に不満があって退職するときにも、人間関係で問題を起こしてしまったときにも、企業の経営方針に納得できないときにも、直接不満を告げてはなりません。あくまで「自分がやりたいことを実現するには他の職場が適切だ」と考えた、「家庭の事情によりこのまま働き続けるよりも他の職場で働いたり家事に専念したりした方が良いと判断した」といった「前向きな意志を伝える」のが大切です。誠意のある姿勢を維持することが円満退職を実現するための退職交渉の基本だと考えましょう。また、もう1つやってはいけないこととして覚えておく必要があるのが上司任せになることです。上司に退職したいということを伝えた後は、進捗状況を頻繁に聞いて手続きを円滑に進められるようにしましょう。上層部からの命令で退職手続きが滞ってしまっている可能性もあるので、退職意志を伝えて合意を得られたら退職日などの交渉も行って計画的に手続きを進めてもらうのが大切です。

円満退職するための退職交渉術

円満退職を実現するためには適切な形で交渉を進めることが重要になります。退職交渉術としてまず覚えておきたいのが話を切り出す「時期」です。上司に退職意志を伝えるのは一ヶ月から二ヶ月前というのが基本です。流れとして退職を認めてもらい、退職日や有給休暇の取得に関する交渉を行った上で退職届を提出することになります。この時点で退職日の二週間以上前でなければならないため、交渉が難航することを想定して一ヶ月以上は期間を設けておくことが大切です。

退職を切り出すときの言い方も成功の可否を分ける重要な要素になります。転職先が決まっているから退職したいというのはあまり適切ではありません。個人的な都合で退職したいと告げれば十分で、これからの仕事について最初から話題にしてしまうとトラブルの原因になるリスクがあります。特に業種が同じ場合にはライバルに引き抜かれるという形にも見られてしまい、何とかして残留してもらおうと画策されてしまうかもしれません。あくまで一身上の都合により退職するという言い方をして話を切り出し、どうしても話さなければならなくなったら転職などの具体的な都合を伝えるようにするのが賢明です。

退職交渉をするときには期日を設けて話をするのも効果的です。円満退職するには全て会社に合わせて手続きを進めていくのではなく、自分の希望も通せるようにすることも重要になります。ある程度は話がまとまった時点で、いつまでにこの手続きをしてもらえないか、といった形で日時を指定して上司に依頼すると滞りなく退職手続きを進めることが可能です。理想を追求したいときには代わりに自分が何か責任を負うという考え方も大切で、業務の引き継ぎ資料をいつまでに整えるからその日までに後任者を決めて欲しいという言い方をすると希望を通しやすくなります。会社にとってメリットが生まれるように自分が退職までに仕事をするというスタンスで提案をするのが退職交渉を有利に進めるためのコツです。

退職交渉がうまくいかなかったら

退職交渉がうまくいかず、退職できそうもないというときには円満退職を諦めざるを得ないかもしれません。民法の力を借りて退職してしまうのが最終手段になります。人事部に内容証明郵便で退職届を送ってしまえば、会社はその申し入れのあった日から二週間後には雇用契約を解約しなければなりません。たとえ上司から合意を得られていなくても、引き継ぎが全く行われていなくても退職することができる方法です。

退職交渉で失敗するときには「引き止めにあってしまう」のが問題となっているケースがで多い事例です。このような最終手段を使わずに引き止めに対して抵抗するために重要なポイントが2つあります。1つは引き継ぎを十分に行う意志を伝え、主体的にスケジュールや段取りを決めて提案することです。自分がいなくなっても問題ないとわかれば交渉に応じてもらいやすくなります。もう1つは退職意志を揺らがせないことです。待遇の改善によって引き止めようという交渉はよく行われますが、その交渉で少しでも気持ちが揺らいだ素振りを見せてしまうと何とかして別の条件を考えて引き止めようと考えられてしまいがちです。たとえ年収を大幅に上げてくれるなどの魅力的なオファーがあっても明確に退職する意志を伝えるようにしましょう。

「退職代行のミカタ」に相談して退職する

退職交渉はうまく進められない人も多く、苦労した挙句の果てに、「結局は働き続けざるを得ない」状況に陥ることも少なくはありません。自分一人で交渉を進めていくよりも、プロの力を借りて手続きを行った方が効率的でしょう。「退職代行のミカタ」に相談して退職交渉をしてもらうのは効果的な方法です。退職代行のミカタを活用すると、担当者が会社の上司や人事部などに電話して交渉を行い、退職手続きの段取りを立ててくれます。上司と犬猿の仲になってしまっていて話ができない状況であっても問題はなく、自分と上司の間に立って全ての連絡を代行してもらうことが可能です。退職意志の伝達や退職に係る条件の交渉だけでなく、退職届の準備も含めた退職手続きを一通り代行してくれるので、退職に際してかかる労力やストレスを大幅に軽減できるでしょう。LINEなどを使って簡単に即相談ができる仕組みになっていて、即日で退職代行の業務を開始してもらうことすら可能です。退職後のアフターサポートを受けられるプランもあるので安心して退職できるでしょう。退職交渉について悩みを持ったときには、まずは退職代行のミカタに相談してみるのが賢明です。プロとして適切な対応を取ってくれるので、強硬手段を用いなくとも後腐れなく退職することができるでしょう。

円満退職を実現しよう

退職するときには適切な退職交渉をして円満退職にすると互いに満足できます。上司や会社の都合を考慮しつつ、自分の希望を通せるようにするのは大変ですが、良好な関係を保てるようにギブアンドテイクをしながら交渉を進めるようにしましょう。困ったときには退職代行のミカタに相談してプロのノウハウを活用するのも大切です。

メールでお問合せ

必須 お名前
必須 メールアドレス
電話番号
必須 勤務形態 正社員・派遣社員アルバイト・パートその他
必須 ご相談・ご質問内容をご記入ください。