いつ辞める?退職のタイミングはいつがベスト?

退職代行の裏話

会社を退職する時に、具体的に何をすればいいのか悩みますよね。特に初めて退職をする場合は、タイミングや準備など何から始めればいいのか分からない人も多いはず!

そこで退職を考えている方のために、退職をする時期や準備期間などを紹介していきます。また、円満に退職するためのポイントも合わせて説明していきます。

みんなはいつ頃伝えているの?

退職のタイミングや、いつまでに退職を伝えればよいかなど、退職のタイミングに関して悩みを抱えている人もいます。退職はいつ頃に会社へ伝えるのがいいのか、人によって違いがありますが、だいたい退職する1~3カ月前に伝えるのが一般的です。

人によってはいきなり退職を伝えることがありますが、それでは会社に迷惑がかかることがあります。会社側は当然、突然退職されると戸惑いますよね。なぜならば、自分が今までしていた仕事を誰かに引き継ぎする必要があり、仕事内容によっては、数週間では終わらず、数ヶ月ほど時間がかかることもあるからです。突然辞めると、そういった仕事に支障が出る可能性があるので、そうならないためにはある程度の猶予期間が必要です。そのため、退職を伝える「退職の時期」としては、退職をする1~3カ月前がベストと言えます。

コンサルタントや建築業の方であれば、プロジェクトの切れ目が辞めやすいなど、特殊なケースもありますが、ほとんどの会社であれば、1~3カ月前であれば、スムーズに退職交渉ができることでしょう。自分の仕事内容を考えて、他の人が問題なくできるようになるまでの期間も計算してから、退職の意思を伝えるようにしてください。ただし、会社の就業規則によっては退職に関する内容に違いがあるため、必ず就業規則を確認するようにしてください。会社によっては半年前に、退職の意思を伝えないといけないこともあります。もし、「就業規則より前に退職がしたい」というご要望があれば、専門家に相談するのが良いでしょうか。

繁忙期は避けた方が良い!?

仕事内容や業種によっては繁忙期があります。繁忙期は業種や仕事内容によって違いがありますが、忙しい時期はどんな会社でも余裕がないため、この時期での退職は好ましくありません。繁忙期に、自分が辞めたのが原因で人手が足りなくなってしまうと、会社によっては売り上げに影響が出ることもあります。自分が抜けた穴を誰かが補わないといけないので、辞めにくくなるだけでなく、引き継ぎも難しくなります。そのため、繁忙期とそうでない時期がはっきりと分かる場合は、繁忙期を避けるようにしてください。なるべく自分が辞めた後に、会社に問題が残らないようにすること円満退職ができます。

また、大きなプロジェクトなど、新しい事業に取り掛かっている最中に退職をされると、そのプロジェクトの予定を変更せざるを得なくなる可能性もあります。もし、新しい事業に参加しているのであれば、ある程度落ち着いた時期に退職を伝えるようにしてください。繁忙期などの忙しい時期での退職は、周りの人にも負担がかかります。そのため、繁忙期はできるだけ避けた方がいいと言えます。

賞与やボーナスをもらって辞めたい!

会社を退職するなら、賞与やボーナスをもらってから辞める方が良いですよね。もらえる金額が固定給よりも大きくなることが多いので、収入の面ではかなり得をします。ただ、賞与やボーナスをもらってから、すぐに退職をするのは何だか申し訳ない気持ちになります。しかし決して常識外れではありません。そもそも賞与やボーナスは、今までの労働(過去に働いた分)に対する正当な対価なので、しっかりともらってから辞めても問題はありません。「もらえる物はもらっておく」という気持ちで退職すればいいだけです。ただし、もらえるのが当たり前だと思ってボーナス支給後、すぐに退職届けを出すと印象は悪くなります。できればボーナスが支給された数週間後に、退職を伝えるようにするのがベストです。もちろん退職日までの引継ぎの時間も計算してください。退職はあくまで周囲に迷惑をかけないのが大前提になります。そのため、賞与やボーナスが支給される時期を逆算して、退職届を提出するようにしてください。

準備期間はどのくらい必要?

退職期間は人によって変わりますが、退職する理由で多いのが転職です。もちろん結婚や出産、病気など様々な理由で退職を考えているはずです。転職以外で退職をする場合は、引継ぎや仕事の状況を見てから退職をすればいいので、準備期間はそれほど必要ありません。しかし、転職をするために退職をするなら、転職先を探してから伝えるようにしてください。今の会社を辞めてから新しい職場を探すと、いつ転職先が決まるのか分かりません。先に会社を辞めて仕事が決まらないと、その間の収入が無くなってしまいます。そのため、退職を伝える前に転職活動をして、新しい転職先が決まってから退職願を出すようにしてください。転職が理由で退職する場合は、その準備期間は転職先が決まった後になります。基本的に内定をもらえるのは1~3ヶ月程度の期間を指定されるため、転職先が決まったら、直ぐに退職交渉を行うようにしましょう。

退職願と退職届の違いって?

「退職願」と「退職届」は似ているようで少し違います。ほとんどの人がこの違いについて、曖昧な認識になっていますが本来は性質が異なる書類です。

「退職願」とは、退職を願い出る場合に作成するもので、会社側が却下する可能性もありますが、承諾されれば退職が決定します。また相手が承認するまでは、撤回することができるのが特徴です。

「退職届」とは会社に対して退職を通告するためのものです。そのため、会社に退職の可否を問わずに、受理されれば退職することができ、撤回することができません。もし退職をする場合は、「退職願」を作成する方が一般的になります。「退職届」のように一方的なやり方よりも「辞めたいのでお願いします」といったような、相手に対して強く当たらない「退職願」の方が印象は良くなります。そういった理由から「退職届」よりも「退職願」の方を選ぶ人が多くなります。

ただし、会社から引き止めに合うことがよくあります。「新人が育つまでは・・・」「お給料を上げるから・・・」「後任が採用できるまでは・・・」様々な理由で退職を止める、もしくは引き延ばすよう上司から言われることでしょう。しかし、一度退職を口にした方を、その後も会社は大切に育ててくれることがあるでしょうか。その後の評価で高評価を受けることがあるでしょうか。退職は決意をもって、決定事項として上司に伝えることが大切です。

退職届はいつ出せばよいの?

退職届を出すタイミングはどうすればいのか悩みますよね。退職届を出して突然辞めると、迷惑になるかもしれません。民法によると、「退職する14日前までに意思表示をすればよい」とされています。しかし、ほとんどの場合は、退職する1ヶ月前に提出するのが一般的です。1ヶ月もあれば会社にとっても余裕ができるため、引継ぎをすることができたり、求人を出して新しい人材を雇ったりすることもできます。ただ、会社側で退職に関しての就業規則があり、もっと前に伝えないといけない場合があります。そのため、事前に会社の就業規則を確認するようにしてください。退職届を出すタイミングは、自分が抜けた後に会社がどうなっていくのかを考えることも必要です。引き継ぐ仕事内容が簡単であれば1ヶ月前でもいいですが、自分の仕事を引き継ぐのに時間がかかる場合は、もう少し早く退職届を出して、引継ぎの時間を多く取る必要があります。しかし、ほとんどの場合は1ヶ月前に提出すれば問題はありません。

円満退職をするためのポイント

会社を退職する決意をしたら、会社やその上司に退職の意思を伝えないといけません。しかし自分勝手な退職をすると、同僚や上司に迷惑がかかり印象が悪くなってしまいます。そうならないためには、円満退職をするポイントを抑える必要があります。まずは自分が退職した後に、仕事に支障が出ないのかを考えてください。仕事内容をしっかりと引き継ぎできないと、退職後に仕事に関する質問を連絡してくる可能性があります。また会社から支給されている、備品等の返却もしっかりと行ってください。今まで仕事で使っていた備品などが会社の物だった場合、私物化するのはよくありません。また、資料など業務で使っていた情報も持ち出すのは良くありません。特に個人情報を扱っている資料などは、後々問題になりかねないのでしっかりと返却するようにしてください。このように円満退職をするなら、前の会社に迷惑にならないように考えることが必要です。

結局言えずに直前になってしまったら・・・

「お世話になったから・・・」「同僚の目が気になって・・・」「引き止められるのが嫌で・・・」なかなか上司へ退職の意向を伝えるのは緊張しますし、勇気のいることですよね。仲間を裏切るようで、誰もがなかなか言い出しにくいと悩んでいます。

しかし、退職をする時期が明確に決まっているなら、なるべく早くその意思を伝えないといけません。遅くなればなるほど自分自身にも負担がかかりますし、会社から引き止められるリスクも高まります。場合によっては転職先に入社日の延期を伝えなくてはならず、そのために内定を取り消しされてしまう方もいらっしゃいます。それでも結局、元も子もありません。逆に言うと、引き止めるための口実を会社に与えてしまうことにもなり兼ねず、トラブルの元です。それでも自分で言い出せない場合にはどうしたら良いのでしょうか・・・?

「退職代行のミカタ」は即退職が可能!?

自分で言い出すことができず、いよいよ退職日が直前になってしまったら「退職代行サービス」を利用するという手もあります。自分では難しくても、退職代行のプロである「退職代行のミカタ」に依頼することで、依頼日当日の退職も可能です。

時々、無断欠勤からそのままバックレてしまう方もいらっしゃいますが、そうしますと退職書類等が受け取れないため、次の会社へ就職する際に転職先の会社へ迷惑をかけることになりますし、「なぜ退職書類をもっていないのか」あらぬ詮索を受けることになります。また、ハローワークなどで必要になる書類もあります。そのように「自分では連絡が取れない」と困った際にも「退職代行のミカタ」へ相談してみましょう。退職後であっても、必要書類の請求を元の会社宛に代行してくれます。自分で「やりたくない」「できない」ことは、上手く外注業者を利用して、スムーズな退職をしてみてはいかがでしょうか。

メールでお問合せ

必須 お名前
必須 メールアドレス
電話番号
必須 勤務形態 正社員・派遣社員アルバイト・パートその他
必須 ご相談・ご質問内容をご記入ください。