上司に伝えるべき退職の理由と円満退職の秘訣とは?交渉が長引かないコツ

退職代行の裏話

退職を決意しても、それをいざ上司に伝えようと思うと何て言えば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか?そんな悩みを解決させるために、円満退職を実現させるためのコツや話すタイミングなどを紹介していきます。

退職理由は個人的な理由が無難

退職を決意する理由は人それぞれ違います。家庭の事情などで仕方がない理由もあれば、会社の環境や仕事内容が気に入らないなどの不満から退職を選ぶ人もいます。どんな理由を伝えるかで、その後の上司の対応も変わってくるでしょう。もしも喧嘩別れのような状態になってしまうと、その噂が転職先にまで伝わってしまう可能性があります。世の中どんなつながりがあるか分かりませんし、前職のことで新しい職場に悪い印象を与えたくはないですよね。だからこそ退職理由は慎重に考える必要があるのです。

ではどんな理由を伝えれば良いのかということですが、たくさんの理由がある中でも最も無難なのが「個人的な理由」です。会社に対して不満があるというような言い方をしてしまうと、上司と喧嘩になる可能性があるだけではなく、改善するからと言って引き留められる隙を与えることにもなります。しかし個人的な理由には会社は介入できませんし、場合によっては受け入れるしかなくなります。スムーズに退職の話も進みやすくなるでしょう。実際に個人的な理由にはどんなものがあるのか、いくつか紹介していきます。

まずは親の介護が必要になったという理由です。介護は育児と同じように、付きっきりで面倒を見なければならないので、仕事に行けなくなる人も実際にたくさんいます。その上、会社側が「施設に入れろ」と言うことはできないので、引き留めようがありません。仕事を辞めづらい時期や立場だったとしても、こういったやむを得ない理由であれば、悪い印象を与えることなく退職ができるでしょう。

次に結婚をするという理由です。これは女性に多い理由ですが、結婚は人生における1つの大きな節目でもあるので、それを機に私生活や仕事を見直し、変えていくという人もたくさんいます。結婚をしたというだけであればまだ働けるのでは?と説得に入る上司もいますが「いずれは子どもが欲しいと思っているから、どのみち退職をすることになる」という旨を伝えると、納得してくれやすいでしょう。また現代では女性の社会進出が著しいこともあり、男性よりも女性の方の収入が多いということも珍しくはありません。そのため女性が家族を養い、男性が主夫として家庭を守るという生活スタイルの家庭もあります。そういった場合には結婚を機に男性の方が退職を願い出ることもあるでしょう。その場合も同様に結婚を理由に退職を願い出れば受け入れてもらえます。

最後にキャリアアップのために辞めたいという理由です。今の環境ではできない仕事をしたいという理由であれば、他の環境に移るしか方法はありません。もちろんやりたいことをやらせてあげられるという職場であればそのまま在職できますが、それができないのであれば上司も何も言えないでしょう。自分のスキルを磨くために前向きに行動を起こしている人間を引き留めることは誰にもできません。優秀な人間だと手放したくないと思う上司もいますが、はっきりとした気持ちを伝えれば上司も理解してくれるでしょう。

本来労働者には、仕事を選ぶ権利が与えられているので、上司に言いづらいというようなことを考える必要はありません。辞めたいと思ったときに、就業規則にのっとった方法で退職を願い出れば、上司に何と言われようが辞めても問題はないのです。また労働者は退職理由を細かくまで伝えなければならないという義務もありません。「個人的な理由」に会社は介入していないので、退職時も「一身上の都合」という扱いになります。どうしても退職理由を言いたくないという場合や、良い案が思い浮かばないというときには「一身上の都合です」というだけでも良いのです。ただこの言葉だけでは納得してくれない上司もいるので、いろいろと聞かれるのが面倒だという人は、自分から明確な理由を伝えた方がスムーズに話を進めやすくなります。

退職理由に嘘を言ったら?

うまく話がまとまるような退職理由が思い浮かばないという人の中には、嘘の理由を考える人もいるでしょう。嘘を言ったからと言って何か罰せられるわけではありませんし、話を円満に進めるためには嘘も方便です。しかし嘘の退職理由を伝える場合には、いくつか気を付けなければならないことがあります。

まずは明らかに嘘だと分かる内容にしないということです。例えば女性の中には「妊娠したから」という理由で退職を願い出る人もいるでしょう。非常におめでたいことだと言って、お祝いムードの中を送り出してくれる上司もたくさんいます。しかし妊娠したという理由はお腹の膨らみや妊娠中に見られる様々な症状からも嘘か本当かの見分けがつきます。また退職した後にばったり職場の人に会ってしまったとなると、何の変化もない体を見ればすぐに妊娠が嘘だったと分かってしまいます。その他にも結婚や引っ越しなど、仕方がない退職理由のようにも捉えられますが、嘘だった場合にはその後何を聞かれてもすべて嘘で切り抜けていかなければなりません。一度嘘をついたら、それをつき通すしかないと思っておきましょう。

次につじつまが合わなくなる可能性があるということです。上司に退職理由を伝えた後、同僚や取引先など仕事で関わってきた人々に理由を聞かれることもあるでしょう。そんなときに詰めが甘い退職理由だと、つじつまが合わなくなってきて嘘だとばれてしまいます。

最後に誰にも本当の退職理由を言わないということです。上司に嘘の理由を伝えて辞めることになったとしても、職場の中に本当の退職理由を知っている人間がいると、噂話となって上司の耳に届く可能性があります。どんなに仲の良い同僚だったとしても、本音は言わず上司と同じ嘘の退職内容を伝えておいた方が無難です。

退職を申し出るタイミングはいつがいい?

どんな理由で辞めるかも大切ですが、それをいつ伝えるのかというタイミングも重要です。スムーズに退職をしたいのであれば、スムーズに辞められるタイミングを見極めなければなりません。

まずは繁忙期を避けるということです。業種によって繁忙期は異なりますが、その時期に退職を願い出るというのは会社にとって迷惑でもあります。円満退職はまず無理でしょう。繁忙期を迎える前に上司と話をし「業務が落ち着いたら退職をしたい」と伝えるか、繁忙期を過ぎてから退職を願い出た方が、上司も話を聞いてくれやすくなります。

次に人手不足ではない時期を狙うということです。猫の手も借りたいほど人手不足に悩んでいるところに退職を願い出ても、それを素直には受け入れてくれない場合があります。中には「新しい人が入るまで待ってください」と言われ、そのままずるずると在職するはめになったという人もいるでしょう。しかし前述したように、労働者には仕事を選ぶ権利があるので、就業規則にさえそっていれば辞められます。なるべく会社に迷惑をかけない形で辞めたいのであれば、新入社員が入ったときや、会社が求人を出し始めた時期などを狙い、退職を願い出てみましょう。

最後にボーナス後に願い出るということです。ボーナスをくれる企業の場合、それをもらう前に辞めてしまうのは損です。早く仕事を辞めたいという人でも、せめてボーナスをもらってから辞めようという人もたくさんいます。そういった傾向から会社側も「ボーナス時期には退職者が出やすい」ということが分かっているので、この時期に求人を出す会社もたくさんありますし、退職もスムーズに受け入れてくれる可能性が高くなります。

円満退職する秘訣とは?

円満退職を狙うためには、会社側が納得し、気持ちよく送り出せるようにするにはどうしたらいいのかを考えることが重要です。そこでどんなことをすれば良いのか、具体的な方法をいくつか紹介します。

まずは早めに退職を願い出るということです。突然「明日から出勤しません」という風な辞め方をしてしまうと、あいた穴をカバーしようと在職社員の負担ばかりが増えてしまいます。そのようなことがないように、できるだけ早めに退職の旨を上司に伝えましょう。その上で一緒に退職時期を決めていけば、悪い印象を残さずに辞めやすくなります。もちろん就業規則を守っていれば辞めたいときに辞められるので、上司が「退職日は1年後にしましょう」と言ってきても断ることができます。

仕事を辞めるということは、その分の仕事を誰かがしなければなりません。人手不足の職場や、重要なポジションを任される立場だったとすると、余計会社に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。だからこそ、自分が辞めることでできるだけ会社の負担が増えないようにと配慮することが大切なのです。

次に在職中の転職活動について一切明かさないということです。仕事を辞めた後に転職活動をしていては、決まるまでの間無職となってしまうので、そういったことがないように転職先を決めてから退職をするという人も多いでしょう。そうすれば退職日に合わせて入社日を決められるので、無職の期間を作らずに済みます。しかし仕事をしながら実は転職活動をしていたという事実は、会社にとってはあまり気持ちが良いものではありません。そのため例え転職先が決まった後の退職でも、会社に次が決まっているのか尋ねられたら「これから探します」と言った方が無難です。

最後に仕事で関わった人に挨拶をしておくということです。引継ぎがあるので退職すること自体は社内の身近な人間であれば気づくでしょう。しかし社外で関わりのある人はそういった事情を知らないので、きちんとした挨拶がなければ分かりません。社内外への挨拶は、上司との話し合いで退職日が決まってから行いましょう。明確な退職日を伝えた上で「それまでの間残った仕事を一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします」と一言添えると、より丁寧な印象が伝わります。そして退職日当日かその1~2日前に改めて挨拶をし、お世話になった感謝の気持ちを伝えましょう。

円満退職できない場合の対処方法

円満退職をしたいと思っているにも関わらず、会社がそれに応じてくれないということもあります。そんなときにはどうしたら良いのでしょうか?

まず申し出の段階で受け入れてもらえなかった場合ですが、こんなときに無理矢理会社を飛び出してしまったり、無断欠勤をするようなことをしてしまえば、退職の手続きを一切してもらえない可能性があります。それではいつまでも会社を辞められないので、きちんと手続きをしてもらうためにも話をつけることが大切です。就業規則にそった辞め方をしているのに聞いてもらえないと途方にくれている場合には、労働相談窓口や労働基準監督署に相談をしましょう。

次に損害賠償請求をされた場合ですが、企業の中には退職者が出ることで不利益を被ると言ってくるケースもあります。しかし仕事を選ぶのも辞めるのも、労働者に認められた権利です。そのためあらかじめ違約金や損害賠償を設定しておくことはできません。これは法律で決められているので、例え就業規則に書かれていたとしても支払う義務はないのです。もしも退職することでお金を請求されるようなことがあれば、円満退職は諦めて弁護士に相談をしましょう。

最後に引き留められてしまい、なかなか話が前に進まない場合です。無理に話を通そうとすると、上司とトラブルになってしまう可能性があるので、一度引き留められた場合には「今日帰ってからじっくり考えてみますので、明日またご相談のお時間をいただいてもよろしいでしょうか?」と言って話を翌日にのばすのも1つの手段です。ただ「考えます」と話を終わらせるのではなく、「明日また相談する」と約束をしておくのがポイントです。そこで考えた結果退職を選ぶのであれば、会社側もそれ以上は引き留められないでしょう。しっかり考えた上での結果なので、意思の固さも伝わります。

「退職代行のミカタ」でトラブルなく退職する

退職をしたい気持ちは決まっているのに、そこからの一歩がなかなか踏み出せないと困っているときには「退職代行のミカタ」に相談をするのも1つの手段です。

退職代行のミカタでは、スタッフが依頼者の代理人として会社に退職の意向を伝え、その後のやり取りや手続きなども一括してサポートしてくれます。では依頼をすることでどんなメリットがあるのでしょうか?

まずは自分で上司と話す必要がないということです。パワハラやセクハラなどで悩んでいるという場合には、上司の顔を見ることすら嫌だという人もいるでしょう。実際に退職したい旨を伝えると、怒られて受け入れてもらえなかったと悩む人はたくさんいます。しかし退職代行のミカタに依頼をしておけば、依頼者が会社に行って上司と話をする必要がなくなります。すべてスタッフが話をつけてくれるので、怒られるのではないか、説得されるのではないかというような不安を抱えなくても良くなるのです。会社側も第三者が介入することで、冷静に話がしやすくなるというメリットがあります。

次に面倒な手続きも行ってくれるということです。退職をすると離職票や社会保険資格喪失証明書などが必要となるのですが、退職者からの請求がないと準備をしてくれない企業もあります。次の職場に必要な書類もあるので、これら一括の書類の請求も退職代行のミカタが行ってくれます。

円満退職を目指して気持ちよく仕事を辞めよう

円満退職をすれば、その後の関係に悩むこともありませんし、気持ちよく次の仕事に向かうことができます。時には1人の力では難しいこともありますが、そんな時には専門機関に相談をしたり、退職代行を利用するなどして退職の話を進めることも大切です。

メールでお問合せ

必須 お名前
必須 メールアドレス
電話番号
必須 勤務形態 正社員・派遣社員アルバイト・パートその他
必須 ご相談・ご質問内容をご記入ください。