退職代行ってどんなサービス?本当に退職できるの?

退職代行の裏話

SNS上などで話題の「退職代行サービス」というのを聞いたことがある人もいるでしょう。ただ、実際にはどんなサービスであるのか知らない人も多いようです。退職代行サービスを利用すると、本当に退職が可能なのでしょうか!?そこで今回は退職代行サービスについて詳しく紹介します。

退職代行サービスって?

退職代行サービスというのは、会社を辞めたいと考える人の依頼を受け、退職を代行するサービスを言います。近年では過酷な労働環境での仕事や、上司からのパワハラやセクハラ被害に遭っているといった問題が取り上げられることも多く、新しい職場でのびのびと働きたいと考える人が増えています。しかし、実際に辞めると決めても上司に退職の意思を伝えるのが怖いと感じることもあるでしょう。退職の意思を伝えると、さらなるパワハラ被害に遭うことも予想されます。その点、退職代行サービスを利用すると、利用者は会社に行くことなく退職の手続きが完了できます。上司に会社に残ることを強制されることもありませんので、退職に関するストレスからも解放されます。

また、退職代行サービスでは、上司に退職の意思を伝えるだけでなく、必要な書類を会社に請求するといった作業まで代行してくれます。利用者は、料金を支払うと自宅にいるだけで退職を完了できるのです。そのうえ退職代行サービスは正社員だけでなく、パートやアルバイトの退職の代行も行います。代行会社によっては、相談した当日に会社へ連絡を取ってくれることもあり、即日退職が可能な場合もあります。そのため「今すぐにでも会社を辞めたい」と考える人から、特に注目されているサービスです。

どのような流れで退職できるの?

退職代行サービスに申し込み、会社を退職するまでの流れというのは業者によって多少の誤差があります。ただ、基本的な流れは同じであると考えていいでしょう。

まず、退職代行サービスに退職したい旨を相談します。相談は電話やメールだけでなくLINEなどから受け付けて業者もありますので、気軽に相談が可能です。代行会社のサービス内容と金額に納得がいけば依頼し、入金を行います。その後担当者と入念な打ち合わせを行い、退職に至る経緯や退職時に求めることなどを具体的に話し合いましょう。有給が残っていることや、家に電話がかかってこないようにしてほしいなどと言った要望もできる限り伝えておくのをおすすめします。もし、退職理由が定まっていない場合には退職代行サービスに提案してもらうことも可能です。さらに実際に退職を実行する日程なども打ち合わせで決定しておきましょう。それが終わると退職代行サービスが会社と電話などで交渉を行います。会社が退職に納得すると代行会社から利用者に結果が報告されます。報告後には退職手続きが始まりますので、利用者は速やかに退職届を作成し、会社へ郵送しましょう。届いた退職手続きが会社で受理されると退職が完了となるのです。

もし、会社から支給されたもので、制服などの返却する必要がある荷物を持っている場合には事前にまとめておくとスムーズに退職できます。IDカードや名刺などの返却を求められるケースも多くみられますのであらかじめ用意しておき、郵送できるように準備しておきましょう。

代理人は弁護士じゃなくても大丈夫?

会社を退職する際には会社とのトラブルを避けるため法律上の正しい退職の知識が必要になります。というのも会社とトラブルなく退職できることで、損をせずに退職できる可能性が高まるのです。そこで重要となるのは、退職のルールを知っておくことでしょう。民法では期間の定めのない雇用契約の場合には2週間前に雇用の解約を申し入れることで解約が可能としています。月給制の場合には2週間前までに退職の申し入れをする必要があり、6カ月以上の期間によって報酬を定めた年俸制等の場合には3カ月前までに退職を申し入れると退職できます。ただ、こういった期間の定めのある雇用契約の場合には直ちに退職をすると損害賠償を請求される可能性もあるのです。ですので、交渉をスムーズに行うためには労働基準法や民法に詳しい弁護士に相談するのが安心であるとも言えます。しかしながら、退職代行サービスの代理人は、退職手続きにおけるプロが集められていることが多くみられます。一部上場企業だけでなくベンチャー企業や飲食店、アルバイト派遣会社などとも退職の交渉を成立させてきた経験のある代理人が退職代行を行いますので、安心して任せられるとも言えるでしょう。また、さまざまな会社での人事部や管理部で経験を積んだコンサルタントが対応してくれる代行会社もありますので、探してみるのをおすすめします。

どんな人が使っているの?

退職代行サービスを利用した人の多くは、会社に自分から退職の意思を示せないことを理由に代行を依頼しています。上司からのパワハラに恐怖感を感じるといった理由で会社に行くこと自体に精神的苦痛を感じている人も多く、上司が怖くても会社を辞めたいと言えない状況に追い込まれていることもあります。また、飲食業や介護職などでは会社を辞めたいと考えていても人手不足から辞められないというケースもみられます。会社を辞めたくても職場の人間関係を考えると自分が我慢するしかないと感じている人もあり、会社を退職したくでもできないといった状況に陥っている場合に退職代行サービスを利用しています。

それに加えて、本人が会社に対して退職を申し出ているにもかかわらず、会社が退職を拒否しているといったケースもあります。なかなかやめさせてくれない会社との関係は第三者が介入することでスムーズに進むこともあるのです。

その他にも入社して間もない人の場合には退職の申し出をしにくいといったケースもみられます。せっかく入社した会社をすぐに辞めたことを両親に知られたくないと考える人もあり、実家に知られることなく退職したいことを理由に退職代行サービスが選ばれています。

退職代行サービスを利用すると、会社と交渉することなく速やかな退職が可能で、退職したことを家族などに知られることもありません。言いかえると利用者のかゆいところに手が届くサービスであると言えるのです。

退職代行サービスの相場は?

退職代行サービスを利用したいと考える時、気になるのは料金のことでしょう。料金は代行会社によって差があり、依頼する側の立場が正社員かパートやアルバイトであるのかでも異なります。安い場合には2万円、高い場合には10万円で引き受けてくれるところもあり、あらかじめ用意されているプランによっても差があると言えるでしょう。ただ一般的には5万円程度が相場であるとも言えるでしょう。

代行会社によってはベーシックプランなどといった、勤め先との交渉と各種書類の請求ができるプランを用意しています。このプランでは社員や派遣社員の場合には5万円、アルバイトやパートの場合には4万円で退職代行を利用できます。また、退職書類を紛失してしまった場合や、退職書類の再発行が必要になってしまった場合にも安心のアフターサポートがつけられたプランであれば、正社員や派遣社員の場合には7万円、アルバイトやパートの場合には6万円です。

このように、自分が求める内容に応じてプランが選べますので、金額やサービス内容と相談してプランを決定しましょう。

しかしながら代行会社を選ぶ際には金額だけでなく、本当に信頼できる会社であるのかをしっかりと見極めて選ぶことも大切です。これまでの実行実績や口コミなども参考にし、納得できる代行会社を選びましょう。

退職書類は受け取れる?

会社を退職し再就職をする際には新しい会社から「離職票」や「退職証明書」、「年金手帳」などといった書類の提出を求められます。こういった書類は退職する際に受け取るのが一般的ですが、退職代行サービスを利用すると会社に行くとこなく退職をしますので、書類が本当に受け取れるか不安に感じることもあるでしょう。

しかし、退職代行サービスはそういった書類に関しても会社側に代理で請求をしてくれます。即日退職すると円満退社といかないことも多く、事務手続きを後回しにされてしまいがちであると言えるでしょう。それでも退職代行サービスであれば一定期間が経過しても書類が郵送されない場合には書面にて請求をしてくれます。

また、利用者は「源泉徴収票」や「社会保険資格喪失証明書」といった書類の受け取りも可能であり、退職手続きの完了までのサポートを受けることができます。

さらに書類は退職する会社から直接自宅に届くように手配してもらえますので、自宅で待っているだけですべての手続きが完了します。

もし退職前に転職先が決まっている場合には、早い段階で退職し転職先へ離職票の提出をする必要があります。そんなときにも一日でも早く退職できるように交渉を行い、書類の申請までも代行してくれますので、転職活動もスムーズに行えます。

有休は取得できる?

これまで有給休暇を思うように取得できず、退職時に有給休暇が残っているという人も多くみられます。実際、退職時に残りの有給をすべて消化できたという人は、すべて消化できなかった人に比べると少ないと言えるでしょう。有給を消化できなかったという理由には会社に有給を消化しづらい雰囲気があったという人も多く、有給の消化を退職時に言い出せないという人も多いのです。

ただ、有給休暇というのは会社が労働者を雇い入れた日から6カ月以上が経過し、全労働日の80%以上出勤している場合には付与されます。有給休暇は退職が決まってからの取得も可能で、会社側は基本的に労働者からの取得申請を拒否できないのです。

しかしながら退職を言い出すとともに残りの有給の取得を切り出すのは難しいとも言えるでしょう。そんな時に退職代行サービスを利用すると、退職の交渉だけでなく有給の取得の交渉までを行ってもらえます。有給休暇は在籍している間にしか取得できませんので、有給を消化してから退職する交渉までしてもらえるのです。長い人で有給を4カ月分消化してから、円満に退職したという人もみられます。退職代行サービスを利用するとこれまで働いた対価として付与された有給をきっちりと取得してからの退職が可能になります。

転職するときに不利にならない?

退職代行サービスを利用して退職すると、転職するときに不利になるかもしれないと考えてしまうこともあるでしょう。しかし、退職代行サービスを利用した場合には「自らの意思で会社を辞めた」のと同じ扱いになりますので、懲戒免職のように職歴に響くことはないのです。また、近年では前の会社に退職理由を聞くこともありませんので転職活動にも支障はありません。

さらに、退職代行サービスでは退職後もスムーズに手続きが行えるようさまざまな書類の申請もしてくれます。転職活動中にはハローワークにおいて雇用保険に加入していたことを証明する必要がありますが、代行会社が申請してくれる「雇用保険被保険者証」があると証明できます。失業給付の受給手続きなども必要ですので「離職票」も申請してもらうのがいいでしょう。ただ、退職日から起算して10日を過ぎても離職票が送られてこない場合には給付を受ける時期が遅れてしまいますので、もう一度離職届を申請する必要があります。それでも退職後に会社と連絡を取りたくないと考える人は多いでしょう。そんな時でも退職代行サービスを利用していると、退職後でも会社とのやり取りをしてもらえるので安心です。

退職代行のミカタの特徴は?

退職代行サービスを行っている代行会社のひとつに「退職代行のミカタ」があります。退職代行のミカタは、退職を希望している会社に「退職意向を通知」してくれます。「会社との連絡を全て任せられます」ので、会社と関わり合いを持つストレスから解消されるでしょう。また、「必要書類の発行を請求する」などといった退職にかかわる手続きも全て代行してもらえます。手続き後にも、会社と連絡を取り、退職完了までをサポートしてもらうことが可能です。利用者は退職代行のミカタとこまめに連絡を取り合うことが可能で、退職が完了するまで何度でも相談ができます。

さらに退職代行のミカタは、LINEや電話での無料相談が可能なため、スピーディーな対応をしてくれると評判です。どうしても、すぐに会社を退職したいという場合には「最短で即日対応も可能」ですので、相談してみるのがいいでしょう。

その他にも、退職代行のミカタのスタッフは退職手続きに関する専門家が揃えられており、さらに弁護士による監修も受けています。さまざまなケースで経験を積んだコンサルタントが代行してくれるので、安心して任せられると言えるのです。

退職代行のミカタを利用すると、これまで会社に対して抱えていたストレスから解放され、あっという間に退職まで進めると言えるでしょう。会社を退職して「新しい人生を踏み出す」きっかけにしましょう!

退職代行サービスを利用してスムーズな退職を

退職代行サービスを利用すると、これまで一人で悩んでいた退職したいという思いをあっという間に叶えられます。会社とのやり取りをすることなく退職が可能で、退職手続きまで代行してもらえますので安心です。

退職に悩んでいるのであれば退職代行サービスを上手に利用し、新しい人生のスタートを切るのをおすすめします。

メールでお問合せ

必須 お名前
必須 メールアドレス
電話番号
必須 勤務形態 正社員・派遣社員アルバイト・パートその他
必須 ご相談・ご質問内容をご記入ください。